速読入門

速読をマスターするにはどうすればよいのでしょうか? ひとくちに速読と言っても、その内容はいくつかに区別できます。大きく、右脳系、左脳系に分けられます。 前者は脳の潜在的能力を利用するものです。文章を読むのではなく、ページを一枚の写真としてとらえるフォトリーディングがこれに該当します。驚異的な速さで読者ができるのですが、私見では、身につけられるかどうかは個人の資質に左右される方法です。よく言う天才肌の人に向いている手段だと言えるのではないでしょうか。 次に左脳系ですが、こちらは現実的です。読む速度では右脳系に劣るものの、訓練すれば誰でも習得できる技術です。自分がどんな情報を必要としているのか、書物から何を学びたいのか、そういった目的を明確にしたうえで読みます。必要としない、重要度の低いところは読み飛ばします。SSR式がよくしられていますね。流し読みや、斜め読みも左脳系に分類して差しつかえないでしょう。また、ジャンルの異なるものではなく、似通った分野の書籍をまとめて読むなどのくふうをすれば、より効果的です。 最後に右脳、左脳の両方を活用した方法があります。SP式速読や斉藤式速読が有名でしょうか。先にあげたふたつと大きく異なるのは、視覚だけではなく聴覚も利用する点です。これが最先端です。この速読をマスターするためのツールは山のようにありますが、費用対効果という点から考えると、スマートリーディングというソフトがよいでしょう。






待ちに待った神撃のバハムートの攻略方法を使ってチートしまくりです。この生放送のためにUstreamを録画できるようにしておきましたし、ついでに手に入れたDRM解除の法則を用いれば、簡単に動画やnusubのアニメを保存(しかも永久的に)することができちゃうなんて、私はとても幸せです。次の目標は保護PDFされたPDFをキャプチャしてiPhoneでしっかり読めるようにすることですかね?